『丁張マンNeo不具合報告』(PDFファイル)

平成19年5月2日

丁張マンNeo ユーザー様各位

株式会社 コイシ
工務開発課
深田・松尾

丁張マンNeo不具合報告

- 割出計算で正しくない測点が表示される不具合について[2007.04.28]

BP側のクロソイド区間において、測点の割出計算を行った場合、まったく異なる測点が表示されてしまいます。このとき測点はNo.0+測点ピッチ(測点ピッチ0〜62まで)と表示されます。たとえば測点ピッチが20mの場合No.0+20.000となります。
※ 割出計算で求められた幅員は正確な値が表示されています。
詳しい内容は別紙 「お詫びとお願い」 に記載の担当者までご連絡お願い致します。

今回の不具合は単純なプログラミングミスであり、測点を求める計算式の中で本来、用いるべき値が使用されておらず、関係のない値に置き換わっていたことが原因です。そのため、間違った測点が表示され、正しい測点を求めることができませんでした。

ただし、この不具合はBP側のクロソイド区間の測点を求める場合にのみ発生し、EP側のクロソイド区間、直線や単曲線区間の測点を求める場合においては影響いたしません。直線−クロソイド−単曲線−クロソイド−直線のようにクロソイドを含む路線(下図参照)であっても直線また単曲線区間の測点は正確に求めることができます。

不具合発生箇所

※クロソイド曲線を含む路線図(クリック拡大)


▲ページトップへ